きっかけは大事

だと思います。
私が中国語を学ぼうと思ったきっかけは、社会人になって初めての海外出張でした。
設計者として関わったチップの顧客対応として台湾の顧客先に出向きました。 その時にお世話になった当時自分より5才くらい年上の日本人駐在員が中国語でカッコ良く顧客対応しているのを見て自分でも中国語出来るようになりたいと思ったのが始まりです。

彼も赴任して1年くらいだったと思うのでそれほど喋れてはいなかった筈ですが、私には強烈に印象に残りました。 そして生意気にも思ったのです。 5年くらい中国語勉強すれば彼よりも出来るようになると。 実際はそんなに甘くないことに後から知ることになります。 もう15年以上前のことですが私にとっては懐かしい思い出です。

実際に中国語を勉強始めたのはそれからかなり後のことになりますがこれが最初のきっかけでした。

きっかけは人それぞれだと思いますが、将来の自分を支えてくれる根の部分になると思いますので大事です。

<<アドペンドカレンダーに戻る