最初に断っておくと

HSK6級もピンからキリまでいてすごい人はすごいのだと思います。私はあと一問落としたらアウトといったくらいギリギリで合格した人間のいうことなので参考にならないかもしれません。

HSK6級持っているというとHSK試験を知っている人はすごいと言ってくれます。 HSK6級は中国孔子学院が実施している中国語の試験HSKの最上級ではあります。 

でも、

HSK6級の合格レベルは考えられているほど高くはないと思います。 と言うのも日本でHSK6級取ってた私が中国に来てすぐに中国語が喋れてたかというとそんな事はありませんでした。 相手の言っていることが全く分からないことも多く、話したいこともなかなか出てこないレベルです。 今もそうです。
そもそも合格するためには6割取れていれば良いので結構いい加減な理解力でもそれなりにどうにかなっちゃったりします。 唯一作文だけは漢字が書けないといけないので書く勉強をしました。 6級になると1200字の中国語の文章を400字に要約する問題が出ます。 これの対策は毎日中国語で簡単な日記を書き、知らない漢字を覚えていきました。 日記は良いと思います。 テーマが出てこなければその日食べたものとかやったこととか何でも良いので取りあえず書いてみることが大事です。
本当は凄くはないかもしれないけど箔をつけたいのであればHSKは悪くないと思います。

<<アドペンドカレンダーに戻る