環境は大事です。 でもなかなか良い環境には巡り合えない

あなたの周りに中国語を勉強しやすい環境があれば、それだけ中国語ができるようになるのに要する時間が短くなります。 例えば、会社が中国語学習を推奨したり、中国人の同僚がいたりするとそれだけで有利になります。 また、帰国子女や海外留学をしていた人間には勝てる気がしません。 自分には学習するための環境が悪いからとあきらめるかどうかがここのテーマです。

かくゆう私も中国語を学習する環境には恵まれているとはいえませんでした。 職業エンジニアを長年やっていますが、私が中国語を始めた当時、会社では中国語、おろか英語すら学習の必要がない雰囲気がありました。 一昔前の日本はまだ元気があったので、エンジニアは日本の顧客相手にエンジニアリングさえ出来れば一生食べていけると信じられている時代でした。 今は、打って変わって中国が最も大きな顧客で中国語ができなければ仕事にならない場合が多いです。 恐ろしい世界の変わりようです。 あなたの会社はどうでしょう。

ないなら作るしかない

とても忙しい会社なので残業時間も多い環境で、中国語を学ぶのに決して良い環境だったとは言えません。 それでもどうにか中国語をステップアップしていくことができました。 会社で働く以外の時間から中国語を勉強する時間を作り出すことを、やろうと思えばできるものです。 例えば、

・通勤前にマックで中国語で日記を書いてみる。
・通勤時間に音楽プレーヤーで中国語教材を聞く。
・電車の中でテキストを読んでみる。
・家に帰るとスカイプ中国語でレッスンを受けてみる。
・週末に中国語のドラマ、アニメを見てみる。
とか隙間隙間でやることは可能です。 中国語に触れれば触れるだけあなたの中国語は間違いなく伸びます。

都合が良いことに今中国語を始めることは、以前に比べて大幅に参入障壁が下がっていると思いチャンスだとおもいます。
もし、周りが応援してくれない環境だからといって、あきらめる必要はありません。 工夫でどうにかなると思います。

<<アドペンドカレンダーに戻る