単語はどうやって覚えるかというと。

英単語を覚えたことがあるでしょうか。 その延長線でよいのではないでしょうか。 具体的には。

・キクタン中国語版をやる。

アルクという会社からキクタンという単語を覚えるのに特化したテキスト+CDが出ています。 個人的にこれはお勧めです。 中国語版は数が少ないですが、それでも初球から中級くらいまで何冊かあります。 キクタンは名前の通り、聞いて単語を覚えるというコンセプトで基本、CDを聞き流しているだけでもそれなりに単語が頭に入ってくるという素晴らしい教材です。 しかもそんなに高くない。 これなら独学でも単語を覚えることが可能です。

・ダジャ単中国語版をやる。

私が英単語の暗記教材で秀逸だと思っているのがダジャ単です。 駄じゃ単は名前の通り、ダジャレで英単語を覚えるというコンセプトの教材です。 時々おかしなな表現で英単語をダジャレに置き換えているのですが、それが割と記憶に残りやすいです。 少しパンチが弱いのですが、中国語でも同じようにダジャレに置き換えたものが存在します。 中国語の発音は日本語と大きく違うためあまり参考にならない気がしますが、それでも単語の覚え方としては素晴らしいものがあります。 また、応用して本にない単語でも自分でダジャレにして覚えておくことができれば割と頭に残ったりしますので、試してみる価値があると思います。

・常用単語XXXXみたいなものをやる。

この手の本は単語ばかりが書いてあって読んでも正直つまらないかもしれません。 しかし、重要なのは付属のCDです。 CDで日本語と中国語を交互に繰り返すものを購入するのが良いと思います。 これだと出勤、帰宅時にヘッドフォンで繰り返し聞くことで単語を覚えることができます。 正直、2-3回聞いても全く覚えないと思いますが、何回も繰り返し聞いているうちに覚えていきます。 テキストは時々パラパラめくるくらいでよいと思います。 焦らないで繰り返しながら少しづつ覚えていけばよいと思います。

・日々の中国語の勉強の中で単語を拾っていく。

これもとても重用です。 できるだけ日々の勉強の中で判らなかった単語があったら電子辞書を引いて確かめましょう。 でも、理解した次の瞬間には忘れると思います。 それでも良いです。 それでも、前調べて忘れたことを覚えている、それが重要です。 そのような単語もいつかは克服できるようになります。

あと、一番大切かもしれないですが、電子辞書、購入した方が良いです。 最初はピンインなんてわからないと思いますので手書き入力ができるやつが良いです。 最近は、スマートフォンのアプリでよい電子辞書があるかもしれませんが、毎度スマートフォンで立ち上げる時間の手間を考えると、瞬間的に対応できる電子辞書は購入していた方が私は良いと思います。

<<アドペンドカレンダーに戻る