発音の身につけ方について考えてみましょう。

中国語が難しい理由第一位は発音と言って間違いないでしょう。 日本語にはない発音が中国語にはたくさんあります。 中国語の発音を学ぶということは全く新しい技能を身につけることと同じことです。 舐めてかかると痛い目を見ます。 

先ずはじめに絶対にやってはいけないことは独学で身につけようと思うことです。 テキストのピンインを追うことは重要ですが、元々知らない発音を自分で勝手に解釈して発音しても100%間違って覚えることになります。 シャドウイングをやる場合も気をつけて下さい。 どんなにCD聞いてそれを真似しているから大丈夫だと思っても、自分で気づかないまま変な癖がつく可能性が高いです。 せっかく一生懸命に中国語勉強しても使った時にそれが通じないときのショックはかなり大きいです。 出来れば皆さんにはそんな思いはしてほしくないです。

では、どうすればよいのかというと、発音は中国人から教えてもらいましょう。 私の中ではこれが絶対的な解です。 何度でも間違ってもよいので発音を矯正してもらいながら中国語を覚えていく事が大事です。 これが出来ない人は絶対に伸びません。 問題はどうやって教えてもらう機会を作るかですが、やはりスカイプ中国語のなかで身につけることが一番の解だと思います。 それ以外でも何でも良いので、とにかく中国人に発音チェックしてもらう機会を作ることです。 

中国語は発音が命です。 うまく発音を学ぶことが中国語上達の近道です。