中国で働くということについて考えてみます。

今、私は望んで中国で働いているわけですが、中国で働くことが自分のキャリアとしてメリットがあると思い、ここで働くことを決めました。
中国で働くことについて考える場合、メリット、デメリット以外にリスクと言う軸で考えることも大事だと思います。 この3点について考えてみます。

メリット

○中国語が上達する。
 これは間違いない。
○活気のある場で活躍することが出来る。
 低成長の日本では考えられない経済成長率の中、本当に必要な仕事能力が求められる。
○人脈が広がりやすい。
 気になる人にはWechatで連絡。 直ぐにレスが返ってくる。
○スマホ決済がすごく楽。
 最近、現金を触った記憶力がない。
○ショッピング、外売便利。
 その気になれば一歩も家から出る必要なし。
○交通機関が安いので移動がしやすい。
 思い立ったらいつでもどこでも行ける。
 これが中国の成長を支えている一番の要因だと思う。 少なくとも今後も日本より成長することは間違いないのでそのメリットは大きい。

デメリット

○物価が毎年上昇する。
 住居費、家賃が日本より高いし年々凄い勢いで上昇している。 たぶんこれが原因で上昇率に耐えられなくなった飲食店は良くつぶれていると思う。
○ネット環境は厳しい。
 日本のスマホ環境に慣れているとかなりつらいかも。
○交通は注意が必要。
 交通ルールの改正で数年前からすると車のマナーは段違いに良くなったが電動自転車はまだまだ危ない。
○空気は少し良くない気がする。
 日本に比べると致し方ないが慣れる。 たぶんこれから良くなると期待。
○食事、水には注意が必要。
 今年、二回お腹を壊した。 注意しててもやられる時はやられる。 健康面は特に注意。

リスク

○生活が方針に左右される可能性がある。 
 ドラスティックに方針が変わりそれに影響される場合がある。 昨日までやって良かったことが次の日駄目になることもあり得る。 ネット環境の変化などはわかりやすい例。 いい面もあって交通ルールが厳しくなったことは歩行者にとっては相当良くなっていると思う。見る人によって白黒分かれるようなグレーゾーンの行動は気をつけた方がよいと思う。 どちらにしても自己責任の考え方が強く求められる。

<<アドペンドカレンダーに戻る