中国語の語学学校について

中国語学校には通った方が良いか、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 直接、中国語を学ぶ機会はそうそうないと思いますのでもちろん通った方が良いと思います。 しかし、時間×費用のコスパは意識したほうが良いです。 日本での中国語語学学校には何種類かが存在します。 

・大学主宰のカルチャースクール

やり方:講義形式
場所:大学施設
先生:大学の講師
規模:20~30人
金額:1クール10回20000円~30000円
特徴:値段がリーズナブルなので中国語のとっかかりとしては良いと思います。 ただし、人数が多いので初級者クラスの発音練習についてはほとんどケアできないと思います。

・日本人主宰の準ボランティア

やり方:中国語勉強会
場所:公民館、公共の会議スペース
先生:有志の個人、中国語経験者
規模:5~15人
金額:1回0円~2000円
特徴:昔、中国語にかかわっていた人が有志で開催している場合が多い。 公民館等を利用するので無料の場合もよくある。 参加年齢層は若干高め。 

・中国人主宰の準ボランティア

やり方:中国語でお茶会で談話するやり方が多い
場所:公民館、公共の会議スペース
先生:有志の中国人
規模:5~10人
金額:1回500円~1000円
特徴:日本で働いている中国人が有志で開催していることが多い。 ゆるくお茶を飲みながら談笑する形式が多い。 楽しい。 

・営利の語学学校

やり方:ガチに先生が中国語を教えるやり方
場所:専門の施設
先生:中国語教師のプロ
規模:マンツーマン、5人まで
金額:1時間3000-6000円が相場
特徴:ガチなだけに伸びるのも早い、授業料も半端ない。 

・トーストマスターズ

やり方:スピーチ
先生:なし、各々が教えあうスタイル。 
規模:10~30人
金額:半年6000円程度 月1~2回
特徴:世界的なNPO組織トーストマスターズが運営する実践的なスピーチクラブ

<<アドペンドカレンダーに戻る